2019年5月視察レポート|HKNSC

香港ニュースタンダードクラブ
香港ニュースタンダードクラブ
2019年5月プノンペン視察レポート
視察レポート1 東部ニューエリア編
今回の視察ツアーでは、東部ニューエリアの新しい住宅開発地を視察しました。
前回の視察の際に視察したデベロッパーと同じ開発です。
この会社はこの近辺では多くの開発を手がけています。

ちなみに価格帯としては、5万3000ドル(580万円)からあります。
高いものでも11万ドル(1200万円)からでしたが約3万ドル(330万円)値上がりしています。

この東部ニューエリアは、600万円〜1500万円くらいの価格帯のものが多く、カンボジアでは高級住宅になります。今後、全体的に値上がりしていくでしょうね。

住宅開発拡大表示

東部ニューエリア 増える住宅開発
グーグルマップにて住宅開発エリアを確認してみました。
赤ワクの部分が住宅開発エリアです。
小さな枠はコンドミディアムタイプで、大きな枠は戸建やアパートタイプの街になります。

他にも更地になっているエリアもありますので今後はまだまだ増えていくでしょう。

黄色い点線枠内の矢印部分が下記開発のものです。

住宅開発地図拡大表示

住宅会社による開発マップ
東部ニューエリアでは住宅開発が増えています。
コンドミディアムタイプのものから戸建住宅まで様々なタイプの家が建設されています。
また、通りを走っていると更地にされている土地も増えてきているのでだんだん街らしくなってきました。
街のイメージイラストです。
中には商店もあり、美しくかなり便利な街になりそうです。

住宅内拡大表示

イメージ拡大表示

街中拡大表示

建設途中の街のパノラマ写真です。
様々なタイプの住宅が建てられています。
手前はロータリーになるようです。

開発2号地拡大表示

新しい建物がどんどん建築されています。

二期工事拡大表示

二期工事拡大表示

二期工事拡大表示

二期工事拡大表示

二期工事拡大表示

二期工事拡大表示

外観がほぼ完成したものです。
街の向こうにはプノンペン市内がよく見えます。
夜になると夜景に変わるので景色の良い住宅地になりますね。

プノンペン市内を望む拡大表示

プノンペン市内を望む拡大表示

プノンペン市内を望む拡大表示

これは住宅分譲パンフレットです。
外観や室内のイメージがイラスト化されています。

住宅完成図拡大表示

住宅完成図拡大表示

住宅完成図拡大表示

住宅完成図拡大表示

住宅完成図拡大表示

住宅完成図拡大表示

分譲マップ拡大表示

分譲マップ
赤い色の部分が分譲地になります。
写真はこの赤色の部分となります。
かなりの軒数がありますね。
住宅開発現場近くのショールームです。休みの日には多くの人が訪れています。
ちなみに一番右の写真は、ショールーム裏のセメント工場と資材置き場でした。

ショールーム拡大表示

ショールーム拡大表示

シュールーム裏のセメント工場拡大表示

住宅開発地前の国道は綺麗に舗装されています。そこから見えるのが2棟のコンドミディアムですが、こういったタイプのものも増えてきています。
周りに建物がないので景色は綺麗でしょうね。

一期工事から望むコンドミディアム拡大表示

一期工事から望むコンドミディアム拡大表示

一期工事から望むコンドミディアム拡大表示

PageTop