橋の予定地 プノンペン都と東部ニューエリア|世界のブロガー 香港ニュースタンダードクラブ

香港ニュースタンダードクラブ
香港ニュースタンダードクラブ

橋の位置拡大表示

プノンペン都内と東部ニューエリアをつなぐ橋の位置
今後の橋建設予定地です。
@プノンペン中心地と東部ニューエリアが最も近くなる橋です。
経済特区から内環状線を通過します。
候補9号地はこの交差点の南側に位置します。

A内環状線北側となる橋です。
この橋の先には、ガーデンシティ計画(20,000u)とチャイナタウン計画(500u)の開発計画がああります。

B内環状線南側となる橋です。
こちらはプノンペン都内でも開発地区に近くなります。

C外環状線南側となる橋です。
ここに港が出来て、経済特区と直結され経済特区動線になります。
橋が出来るメリット
橋が出来ることで、アクセスが一段と良くなります。
現在は、フェリーでのアクセスのため、プノンペン都内と東部ニューエリアとのアクセスは不便でした。
そのため開発も進みにくく、今まで遅れてきた原因の一つもでもあります。

特に、朝夜の通勤などは時間がかかりすぎていて、例えば、プノンペン郊外から東部ニューエリアに渡る際に、プノンペン都内も渋滞が多いため、かなりの時間がかかっていました。
そこで、合計4か所の橋が架かることで、
今までの問題は解消されるどころか、プノンペン都内の一部となり、カンボジア経済を支える重要な役割を果たすことになります。

環状線はの仕様は、
道路幅30m・6車線の大型国道となり、モノレールも開通する予定です。
そうすることで、渋滞は緩和され、交通弱者問題がなくなります。

イメージ

PageTop