カンボジア未来予測|世界のブロガー 香港ニュースタンダードクラブ

香港ニュースタンダードクラブ
香港ニュースタンダードクラブ

研究機関による今後のカンボジア予測

2018社会 カンボジアの最低賃金が月160ドル(約16600円)に倍増する(2013年は月80ドル)

2018社会 カンボジアで総選挙が実施される

2018経済 カンボジアが日本の通関システムの導入を決める(通関ネットワーク構想の一環)

2019経済 この年までにベトナムの1人あたり国内総生産(GDP)が、ラオス、カンボジアを下まわる(2017-19年)

2019経済 国内のホテル老舗が、カンボジアの首都プノンペンに「オークラプレステージプノンペン」(仮称)を開業する(初進出)

2020人口 ベトナムのベトナム―カンボジア国境地域10省の人口が約1651万人に達する

2020経済 「アジア総合開発計画」を推進する東アジア首脳会議16カ国が、9000万ドルを投じてタイ―カンボジア間に橋梁を設置する

2020資源 この年以降、カンボジア政府が同国初の原子力発電所を整備する(同国の電力料金は近隣諸国の2-3倍)
2020交通 中国、カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムの6カ国が共同で、メコン川流域に鉄道網を建設する(流域人口は3億人)

2020資源 カンボジア政府が、この年以降に計画していた原発整備を見送る(福島第一原発事故の影響)

2020経済 カンボジアを訪問する外国人旅行者が年間750万人に達する(従来目標の700万人を上方修正)
2020資源 カンボジアの電力供給量が、この年まで毎年12%増加する

2020経済 カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムで構成される新興メコン(CLMV)の国内総生産(GDP)が、2013年比で92%成長する

2020社会 カンボジアの世界遺産、アンコールワットの西参道(全長200メートル)が修復工事を終える

2022資源 タイ石油公社(PTT)が東南アジア4カ国(タイ、ミャンマー、カンボジア、ラオス)で合計600万キロワットの発電事業を展開する

2022経済 国内の電力大手2社が、この年までカンボジアの送配電、変電などをコンサルティングする(2017-22年)

2022環境 カンボジア政府と世界自然保護基金(WWF)が、同国モンドルキリ州のスレポク野生動物保護区に8頭のトラを放す(メス6頭、オス2頭)

2023交通 カンボジアのプノンペン国際空港と都心を結ぶモノレール「スカイトレイン」が、この年までに完成する

2024社会 住宅建設で貧困層を支えるフィリピンの非政府組織(NGO)が、この年までに500万戸を提供する(インドネシア、パプアニューギニア、カンボジアでも活動)

2025経済 ベトナム、ラオス、カンボジアの3カ国が、この年までの工業開発計画を共有する

2025交通 ホーチミン(カンボジア)―プノンペン(ベトナム)間高速道路(全長55キロ)が着工する

2025経済 観光業の人材開発に取り組むカンボジアが、この年まで毎年5万人の専門家を育成する(2017-25年)

2026資源 この年までに中国企業がミャンマー、ラオス、カンボジアの水力発電(合計約3200万キロワット)に約4兆円を投資する(今後15年間)

2026経済 高層マンション、多目的競技場の建設を含むカンボジア、プノンペン郊外の都市開発事業が、人口4万人規模の衛星都市に成長する(総事業費は16億ドル)

2030経済 ベトナムのベトナム―カンボジア国境地域10省の経済力が、同国中部、南部に肩をならべる

2030経済 ベトナム、ラオス、カンボジアの3カ国が、この年までの工業化ビジョンを共有する

2030経済 カンボジアが中所得国の上位に位置する(ASEAN加盟は1999年)

2030交通 中国、ベトナム、カンボジアを結ぶ新しい経済回廊が整備される

2030経済 カンボジアの住宅建設需要が、110万世帯の規模に拡大する

2050経済 カンボジアが先進国の仲間入りを果たす

このページの先頭に戻る