カンボジア特集|世界のブロガー 香港ニュースタンダードクラブ

香港ニュースタンダードクラブ
香港ニュースタンダードクラブ

東部ニューエリア

今回のメイン案件
東部ニューエリア情報
プノンペン市と内環状、外環状線で繋がります。
今、この地域の地価は、プノンペン市の10分の1から20分の1です。しかし、経済特区がつくられ、人口が増え、街ができて、国道、電車が開通したら地価格はどうなるか・・?今、最も注目されている案件です。
詳細情報

カンボジア不動産

高度成長期目前 
カンボジアレポート 1 基本編(期間限定公開)
アジア最大のチャンス
今、最も熱いカンボジア!
プノンペン市開発や経済発展の兆しをレポートしています。
詳細情報

近未来のプノンペン

カンボジアレポート3
近未来のプノンペン(期間限定公開)
今後、プノンペンで進んでいく都市計画情報です。既に着工を進めている物件もあります。
イオン2号店、チャイナタウンなど、これから期待できる計画です。
詳細情報

カンボジア未来年表

カンボジアレポート4(期間限定公開)
カンボジアの未来年表
ある研究機関によると、2050年に先進国へ仲間入りという研究結果が出ています。
今、カンボジアは1960年代の日本と同じです。
今後、どのようにして成長ヒントが満載です。
詳細情報

経済特区

カンボジアレポート5
東部ニューエリア 経済特区の様子
東部ニューエリアの経済特区は既に稼働しています。
そこでは多くの若者が働き、豊かな生活を目指しています。
その労働意欲の高く、まだ人件費が低いカンボジアには、世界から企業が集まって来ています。
詳細情報

開発が進むプノンペン

カンボジアレポート6 進化する街プノンペン
そこはイメージを変えて近代都市になろうとしています。
今、プノンペン市の開発が進み、近代化されつつあります。高層ビルが建設されたり、居住区も再開発され、イオンも2号店が建設されています。
そんな街の様子をレポートしています。
詳細情報

ダイヤモンド・アイランド

カンボジアレポート7
成長の象徴 プノンペン市内
パリ化するダイヤモンド・アイランド
プノンペンでも最も地価の高いダイヤモンド・アイランドエリアでは、街をごと造り直しています。
その街並みは、まるでパリのようです。
凱旋門もあります。
詳細情報

このページの先頭に戻る